突貫工事。

『お客さん、毛量多いから梳(す)いておきますね』

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 妄想ではなく昔、確かにワタクシの毛量は多かった。

 青年期は将来的に時が来れば白髪にはなるのは致し方なしですが、ハゲるなんて微塵も思っておりませんでした。

 

 とはいえ、

 

 父が30半ばで頭頂部が不毛の地と化し、毎朝鏡の前で悪戦苦闘している姿を見る度に一抹の不安を覚えてはいたのですが、二十歳そこそこのワタクシは打って変わってフサフサでしたので、まぁ大丈夫でしょうと思っていたのですが……

 

 甘かった。 

 

 例えるならシロップ増し増しのキャラメルマキアートくらい甘かった。

 遺伝とは恐ろしいもので20代半ばの頃です。

 とある日、おでこが何となく広くなっていると感じました。

 

 これはまマズい。

 

 当時、実家暮らしのワタクシは家族にバレないように、こっそりと育毛剤を買って髪の毛という作物が育たなくなった農地へ必死に栄養を与えておったわけですが

 

 効 果 無 し。

 

 必死に抵抗するワタクシを嘲笑(あざわら)うが如く、無情にも頭皮の砂漠化は進んでゆきます。

 更に悪い連鎖は続くもので『ここだけは不毛の地にしたらアカン!』と言われる頭頂部も呼応するように、芽が出ても痩せ細った作物しか育たなくなってしまいました。

 ハゲは隠したい、とはいえ側面部から寄せるようなことはしたくない。

 

 幸い、

 

 自身、その時は既にススキノという髪の毛に関しては比較的緩い土地と、肉体労働に従事する仕事をしていたため、自身が選んだ道が

 

 坊主。

 

 髪の毛全体を1mmに刈り込み頭皮を出してしまうことでハゲを目立たなくしてしまおうと。

 とはいえ、あくまで目立たなくなるというだけで根本的な解決には至っていない。

 日々進む、頭頂部とおでこを結ぶ突貫工事に絶望を抱いておりましたが40歳を過ぎても完工には至っておりませんでした。

 

 が!

 

 ここで頭髪の悩み関し、ワタクシの人生で転機が訪れました。

 とはいえ、本来なら避け続けられるなら避け続けたい、そのことに備えた保険もあるくらいなので、誰しもが思っているのですが自身に訪れたのが

 

 癌。

 

 治療の一環で必ず訪れるのが副作用として頭髪が抜け落ちるということ。

 自身も例に漏れずでした。

 とはいえ、早期発見だったので担当医師の口ぶりから

 

 まぁ、大丈夫でしょ。

 

 的な感じだったので、自身ものんびり治療を続けているうちに癌細胞は綺麗さっぱり消え、現在は経過観察に至っておりますよ。

 

 と、

 

 抗がん剤の副作用である頭皮の脱毛について、同じような境遇になった人の話を聞いていると、全員では無いと思うのですが頭がツルツルになることは無いんじゃないかと思います。

 ワタクシの場合も

 

 まだらに抜けました。

 

 これはさすがに……と、残った髪の毛にカミソリを当てると抗がん剤の影響なのか、何の抵抗もなくスルスルと剃れるんですよね。

 こりゃ面白い! と、夢中になっているうちワタクシの頭は見事に

 

 スキンヘッドになりました。

 

 そんな生活が半年ほど続き、頭に髪の毛が無い生活に慣れてくるとハゲに悩まなくなるようになるんですね。

 そもそも悩みの種だった髪の毛自体が綺麗さっぱり
 

 無いんですから。

 

 持っていないものに悩みって持たなくなるんですよね。

 時は流れ、今では抗がん剤の影響が無くなり、不毛の地であった頭皮に頑張って生えようとする頭髪がありますが、芽吹いたら速攻

 

 刈り取ってやります。

 

 今では電動カミソリが大活躍してくれるため、現在もスキンヘッドを保っております。

 たまにツッコまれることはありますが、その時は返す刃で

 

『薬の副作用で……』

 

 なぁんて言えば、それ以上は深堀りされることはありませんし、ウソはついておりませんしね。

 まぁ、ワタクシが個人事業主であるということもあるのですが、薄毛やハゲに悩んでいる方は自分を取り巻く環境が許してくれるのならば、いっそのこと

 

 剃ってしまう。

 

 ということも選択肢に入れてみると幸せになれるかもしれませんね。

1169kcal。

 夜中に食系の動画はアカン。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 昨今出された往来自粛ナントカの影響で、ひいじいCAFEも例に漏れず、すっかりヒマになってしまいました。

 とはいえワタクシは一人親方、お客さんが居ない時の過ごし方は

 

 自由。

 

 極論ですが、下手くそな弾き語りをしていても、三転倒立やっていても誰にも怒られません。

 そもそも上司が存在しないってのは、こういう時に生きてくるわけですなぁ。

 

 とはいっても、

 

 経営者ってのは、こういった空き時間を有効的に活用するってことが大事でして、ワタクシの場合は色々な知識を入れることにしております。

 政治、経済、はたまた一生のうち使うかどうか分からない雑学に至るまで、日々気になったことを掘り下げるということを楽しみながら取り組んでおりますよ。

 

 と、

 

 本日は、フと目に留まった『カップ焼きそばの歴史』という動画をぼんやりと眺めておりました。

 現在では一定の地位を確立したカップ焼きそばですが、その歴史は意外と古く、最初に登場したのは昭和49年だそうです。

 

 ワタクシ、まだ生まれておりませぬ。

 

 ふむふむなるほど、と、見ているうちに、北海道では定番の『焼きそば弁当』のことにも触れられておりましてね、眺めているうちに口の中が

 

 カップ焼きそば口になってしまいました。

 

 こうなるともう、食いしん坊のワタクシは焼きそば食べたい欲が心の中で徐々に大きくなってゆきましてね、その欲が小さい頃はまだ『食べちゃダメだ、食べちゃダメだ』なんて自我を抑え込もうとしたのですが、

 

 無理でした。

 

 そそくさと近所のコンビニに行き購入、この際だからと一番大きい『でっかい焼きそば弁当

f:id:hiijicafe:20210417060120j:plain

 を購入。

 その場でお湯を入れ店に戻りつつ待つこと三分。

 付属のスープをマグカップで作り、思いっきり頬張る。

 

 う……うめぇ……。

 

 万年なんちゃってダイエット中のワタクシはインスタント麺というものは普段、全力で避けているため年に数回しか食べません。

 なぜなら『デブになる薬』の一つに数えられるのですから。

 その理由が

 

 タイトル。

 

 ……とはいえね、食べたいんですよ。

 一般的に太るもの、体に悪いって言われているものは大概

 

 い。

 

 普段、口に入れるものは酒以外は節制しているワタクシとて、旨いモンの魅力に抗(あらが)えない時ってのはあるんですよ。

 一時の幸福を得るっていうことは一服の清涼剤になるわけですね。

 普段、節制しつつも、たまには心にもご褒美をあげないと壊れるっつーモンなんスよ。

 

 とはいえ、

 

 誘惑に負けたワタクシみたいに太りやすい体質を持った人間は一気に太ってしまうので、じゃあどうするか? ってぇ話ですよね。

 そんなの簡単です。

 

 消費してやる。

 

 ってなわけで、食った分はきっちり消費してやりましたよ。

 証拠の画像を添付(てんぷ)します、ほーらよっと。

f:id:hiijicafe:20210417061304j:plain

 まぁ、多少足りないのはご愛敬。

 運動を生業(なりわい)としているのならご法度(はっと)ですが本業でないのなら、好きなモン食った後、その分消費してやれば心と体の充足は保てるんじゃなかろうかと思ってますよ。

 

 ってだけのお話でした。

がんばらない。

 趣味ってのは頑張るもんじゃない。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 と、いうのがワタクシの趣味との向き合い方なんですよね。

 自身、『面白そうだな』って感じたことにはとりあえず手を出してみるんです。

 で、取り組んでみるわけですが、全てにおいて

 

 努力はしない、練習もしない。

 

 それでも楽しめるものだけが今でも趣味として残っておるわけですよ。

 中には居合わせた人の中に

 

『常に努力して上を目指さないと意味無いだろ』

 

 と、豪語される方はおりました。

 まぁ、そういう考え方も人に押し付けなければアリかなぁと思いますし、そういった方がリーダーを務めているグループに所属したり、非所属でも音頭を取っている方に乗っかる形であれば方針に従わないと、とは思います。

  

 それもあり、

 

 自身の経験上、何かのグループに所属してしまうと、『趣味はがんばらない』というワタクシみたいなスタンスを取っている人ってのは少数派ということがわかりましてね、次第に自然と個人で完結する趣味やイベント以外から遠ざかるという結果になりましたよ。

 そんな中、極度に面倒臭がりなワタクシがほぼ毎日取り組んでいるのが

 

 弾き語りとランニング。

 

 弾き語りについてはたまにライブに出たりもしますが、練習は最低限しかしません。

 てか、上手くなろうとなんて微塵も思ってません。

 突き詰めるだけ辛くなるんですから。

 日々の仕事をがんばってやらにゃあならんのに何故に趣味までパワーを割かにゃあならんのか。

 

 まぁ、

 

 弾き語りに関しては技術が無いと出られないイベントってのはありますが、そういったところにはワタクシの緩くやるというスタンスで、うっかりステージに立ってしまうと場を壊してしまう可能性があるので、そもそも

 

 出ません。

 

 努力したくないんです。面倒だから。

 ワタクシみたいな壊滅的なヘッタクソでも出ていいよ、って言ってくれるところだけ出ることにしております。

 ひたすら『努力も練習もしたくない!』的なことを長々と語ってきましたが

 

 ここからが本題です。

 

 もう一つの趣味であり、飽きもせず日々ワタクシが取り組んでいるランニングってのは、自身が取り組む方針にガッツリと噛み合うわけですよ。

 それは

 

 自分のペースで楽しめる。

 

 ここで一つ、画像を持ってきました。

 下に添付している画像は、とある日のランニングのタイムです。ほーらよっと

f:id:hiijicafe:20210416060703p:plain

 ……ハイ、くっそ遅いです。

 何なら成人男性の早歩きくらいのペースですね。

 ガチでやっている方からすると

 

 遅っそ! これでランニングって恥ずかしくないの?

 

 という感想を抱くと思いますが、そんなん知ったこっちゃないです。

 てゆうか、誰とも競っていませんし。

 この日、自分が気持ちよく走れたことだけは覚えております。

 

 それでいいんです。

 

 最近、日本中に蔓延している疫病の影響もあり、ワタクシが住む札幌でも国から往来自粛要請……? 的なものが5月中まで延長されました。

 

 そうなると

 

 従うしかない一般庶民としては自宅と会社の往復を余儀なくされるため、必然的に運動不足になると思うので、これを機会に己の体と相談しつつとなりますが、やんわりと走ってみるってのも良いことなんじゃないかなぁと思ってますよ。

 うっかりそハマれば知人友人が

 

 何それエっグ……。

 

 って呟く距離を叩き出せるかもしれませんよ。

 とりあえず今日までの記録を見るに、5月中に年間走行距離が1000㎞に届きそうな勢いな画像を貼っておきますよ。

f:id:hiijicafe:20210416060723p:plain

 ガチでランニングに取り組んでいる方から見ると『少なっ!』と、思われるかもしれませんが、走ってない人から見るとなかなかの距離になります。

 

 くどいようですが、

 

 ワタクシ、趣味に関して努力も練習も全くしません。

 走りたい時に走る、やんわりと取り組んでいるだけで他人にインパクトを与えられるのって、お得じゃないですか?

 ってことをお伝えしたところで、そろそろ畳みます。

食事制限だけのダイエットは勧めない。

 まぁ、経験則なんですけどね。
 
 どうも! ススキノの父です。
 
 とりあえず今日走ったランニングアプリの記録の画像を貼りますよっと。

f:id:hiijicafe:20210415074239p:plain

 今回のランニングでの消費カロリーは1000kcal。
 一時間半、14.5kmという記録は日常的に運動をしない方からすると
 
『狂ってる!』
 
 なぁんて思うのは当然でしょうし、運動を全くしていなかった過去の自分も同じ感想を抱いたと思います。
 ですがね、既に『走ること』が習慣になってしまった今となっては時間さえ取れれば
 
 余 裕☆
 
 加えて『ラクして1000kcal消費か、案外チョロいな』と、思ってしまうわけですね。
 まーぁ、多少なり時間は取らないといけませんが、たかだか一時間ですよ。
 スマホでゲームしていたって、やり込んでいる方なら同じくらい時間を使っているのではないでしょうか。
 
 と、ここからが本題。
 
 前回ワタクシ、タイトルに『やらずに言うな』という感じで長文を書きましたが、あれだけ『ランニングを否定するな』と、堂々と綴ったのは、食事制限だけのダイエットは
 
 自身が経験済みだからです。
 
 過去の会社で色々あり、うつ病で1年間ほど社会からドロップアウトしている時に、昔の会社の後輩から仕事を紹介されたのですが、その間ずっと動かず食っちゃ寝食っちゃ寝した結果、育った腹を見て
 
『このままじゃイカン!』
 
 と、就任日の2か月前からダイエットを始め、出社日までに85㎏から75kgと10㎏落としたのですが、運動なんてタルいことはしたくなかったので、取った方法が
 
 寒天ダイエット。
 
 カロリー摂取を全力で避けるため、本体の味付けはインスタントコーヒーのみ。
 かけるシロップは牛乳なので、摂取カロリーをギリギリまで抑えつつ適度に糖質、脂質、タンパク質を摂りつつ食物繊維はふんだんに、ということでスルスルと落ちて行きましたね。
 ですが、そうして手に入れた体型ってのは
 
 かりそめのモノなんスよ。
 
 食事が戻ればすぐ太る。
 何故『運動は意味が無い』と言っている人たちはそこを言及しない。
 それこそがまさに
 
 デブの気持ちがわかっていない。
 
 ということを露呈しちゃあいませんか?
 ハッキリ言いましょう、ダイエットってのは目標にしていた体重や体型になってからが
 
 本番。
 
 これなんスよ。
 あくまで体重を落としている時はスタートラインに立つための準備。
 何故それを言わないか? そんなの簡単。
 
 苦労してないから。
 
 これに尽きます。
 何度も何度も失敗し、試行錯誤を繰り返していれば効率は悪かろうが運動することの大切さが身に染みてわかるハズなんスよ。
 そもそもデブ、ワタクシみたいな元デブってのは
 
 旨いモン腹いっぱい食いたいんです。
 
 ワタクシとて今でもそうです。
 毎日2.5ℓビールを飲むわ、焼き肉に行けば10人前食べます。
 体質もあるかもしれませんし、年齢もあるかもしれませんが、摂りすぎた栄養を食事制限だけでは補いきれないカロリーを運動することで賄うことが出来るんですよ。
 そうしても運動と言う逃げ道があるから
 
 旨いモノを好きなだけ食べられる。
 
 ね?
 長々と強めのことを書いてきましたが、ワタクシは根拠が無いことは書かないことにしております。
 確かに、イチ個人の感想なので、エビデンス(根拠・裏付け)的には弱いかもしれません。
 
 ですがね、
 
 人間の体ってのは多少の誤差はあれど、大体同じなんじゃないかと思っております。
 と、長々と語ってきましたが結論です。
 ダイエットと運動に関してインターネット上に流れる情報には騙されてはいけません。
 とにかく、根拠も無いのにドヤ顔で言う有識者
 
 ウ ソ つ き。
 
 見ている人にインパクトを与えることしか考えておりません。
 自分でしっかり理論の構築をしてみることが大事だと思ってます。
 それが面倒臭いと思うのならば、そんなアナタは
 
 痩せる必要が無い方です。

ランニング、ダイエット効果はあります!(断言)

 やってから言いなさいよ。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 昨今、コロナ禍の影響なのか、ランナーが増えたような気がします。

 走る理由は人それぞれで、ワタクシの勝手な妄想なのですが、その多くは

 

 ダイエット。

 

『運動=痩せる』という方程式が世の中にふわーっとあるのか、数か月後には余分な脂肪を落としたパーフェクトボディを夢見てランニングに勤しむのではないでしょうか。

 と、ここで一つの図を持ってまいりました。ほーらよっと

f:id:hiijicafe:20210411061105j:plain 

 あれ? 思ったよりカロリー消費が少ないぞ? なんて印象を受けるのではないでしょうか。

 

 そのためか、最近では『ダイエットにランニングは無意味』なんて意見がネットやYouTubeで散見しておりますし、あの『2ちゃんねる』の創始者で論破王と名高い某有名人も、そのことについて言及しておりました。

 そして、そういった方たちが口を揃えて言うのが

 

 食事制限の方が効果的である。

 

 それに加え、論破王の方は『砂糖をまんま食って血糖値を上げつつカロリーゼロのコンニャクや野菜を食べる』ってことも言っておられました。

 確かに、その方が正しいのかもしれませんし、効率が良いのかもしれません。

 ですがね、そういった方ってほぼ全員

 

 食に対する執着が弱い。

 

 もしくは全く無い。

 美味しい物を腹いっぱい食べたい、そういった人の気持ちって理解出来ないんだと思います。

『痩せたいんなら食うのを我慢すればいいじゃん』って簡単に言ってしまうんですよ。

 てかね、そもそも食に執着が無いのなら

 

 太らないんですよ。

 

 あ、ちょっと太ったな? と思ったらコンビニ感覚で食事制限をして体型を戻せてしまう特性があるからデブの気持ちがわからんのですよ。

 デブってのは痩せなきゃならん、でも、美味しいものを沢山食べたい、その欲求が痩せている人より強いから太るわけです。

 

 ワタクシもそうです。

 

 もともと6年前まで169.1㎝、87㎏というワガママバディを誇っていたんですから。

 大事なことなので2度言いますが、食事制限を難なく出来る人にとってダイエットってのは至極

 

 容易なことなんスよ。

 

 そんな人が『運動は意味が無い』『ランニングなんて意味が無い』なんて言い出すものだから困ったものだ。

 そもそもが世間的に『運動すれば痩せると言われている』という認識を持っていることが知識不足ですし、ランニングに取り組んだことが無いんじゃないかと思います。

 理論を固めた上でランニングに取り組んだワタクシからすると

 

 やってから言ってくれ。

 

 てかね、運動してカロリーを消費するという意味をはき違えているんです。

 そもそもワタクシが走っている理由は

 

 好きな物を食べたり飲んだりしたのをチャラにしたいから。

 

 ワタクシ個人の印象ですが、有識者が言っているランニングの想定って2㎞~3㎞だと思います。

 上記の表を基にすると体重80㎏の人だって30分走って300㎉、小さめの塩むすび2個分にしかなりません。

 菓子パンだったら余裕でカロリーオーバー、だから意味が無いと言っているのだと思います。

 そういった意見をふまえてワタクシが言いたいのは

 

 走ることで食った分チャラに出来るんだよ。

 

 ってこと。

 人間、三大欲求を抑えることってかなりのエネルギーが必要ですし、ダイエットというのは苦行でしかありません。

 それなのに、一念発起して『ダイエットしよう!』と思った気持ちを何故無下に折り、選択肢を狭めさせるのか。

『ランニングって苦痛の割に効果が薄いから意味無いって本当ですか?』という質問をワタクシがされたのなら回答は

 

 確かに事実だけど、消費したカロリー分好きな物食べてもチャラになるよ。

 

 加えて『良く決意したね。だから出来る範囲で続けていこうね。そして慣れてきたら距離を伸ばしていくと消費カロリーも増えるから食べられる選択肢が広がるよ』って言います。  

 

 結論ですが、

 

 ランニングやジョギング、はたまたウオーキングはダイエット効果はあります。

 ます!

 断言します。

 取り組んだことが無い、取り組みもしない頭でっかちな有識者に騙されないでください。

 それでも『痩せないじゃないか!』という方は理論の構築が間違っているか、そもそも

 

 痩せる必要の無い方です。

 

 迷いのある方は是非、ひいじいCAFEまで足を運んでいただけたら、その悩みを一発解決してさしあげます。

 ってことで店の宣伝もしつつ長くなりましたが……

 

 この辺で畳みます。

 

空腹、冷え、疲労。

 と、いうのが風邪の三大要因。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 自身が10数年前に薬屋の営業マンだった頃、初日に上司から『覚えろ』と、言われたのがタイトルです。
 当時は『ふぅん……』くらいの認識だったのでしたし、覚えたことで仕事の役に立ったか? と、いえば

 

 皆 無。

 

 とはいえ、薬屋だったのは一年足らずでしたが良くも悪くも内容が濃く、この頃に得た知識は今でも鮮明に覚えております。

 まぁでも、

 

 やりたいとは二度と思いませんがね。

 

 とまぁ時は流れ、昨今は風邪の親玉みたいなものが世間を脅(おびや)かしております。

 先ほど、国立感染症研究所のホームページ新型コロナウイルス(COVID-19)について調べましたが、世間を賑わせているウイルスは未知な部分が多いとはいえ根本の性質は

 

 風邪と一緒。

 

 なんじゃなかろうかという感想です。

 確かに予防として手洗いうがい、人の手に触れるところのアルコール除菌も大切なことですがウイルス自体、大きさが直径約100nm……10億分の1メートル、単位が大きすぎるため何となくピンときませんが肉眼で見るのは

 

 不可能。

 

 いかに目に見えるところの除菌を徹底したところで限界があるっつーことですよ。

 そもそも、ウイルスというものは人間が弱ったところに付け込んで繁殖しようとすることが目的なので、これまた厚生労働省のページを参考に感染に対する死亡率を見たところ50~69歳では3%前後、70歳を超えるとグンと跳ね上がり25~6%というデータが出ておりますね。

 

 なるほど、

 

 後期高齢者には罹ったら危険っちゃあ危険ということですね。

 以上のような記録を踏まえた上で、ワタクシの見解を申し上げるとですね、アルコール除菌や、アクリル板の設置等も有効っちゃあ有効なんでしょうが、根本は

 

 ウイルスに付け込まれないようにする。

 

 というのがワタクシの率直な感想。

 万が一ウイルスの侵入を許したとしても、活動出来ない体作りの方を優先すべきではと思うわけです。

 とまぁ、昨今、マスコミが騒いでいる新型ウイルス対策について思うのは、効果はあるかもしれませんが内容に関して

 

 付け焼刃的のことしか言ってない。

 

 ちょっと調べたらわかるようなことをなぜ、根本のことを言わないのか甚(はなは)だ疑問なんですよね。

 まーでも、ワタクシのような高校の時に偏差値が36という、人として知能が虫とか草レベルの人間が思うようなことを分かった上で行動しているということは否めません。

 結論としてワタクシが言いたいのは昨今のコロナ対策をした万全にするのも大切なことですが

 

 腹減ったー。

 疲れたわー。

 何か寒いかも。

 

 という身体の状態を避けると、より良くなるよ、ってことが言いたかっただけなんですよね。

バランス。

 ギブ&テイクのバランスが崩れたと同時に人間関係も崩壊する。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 およそ5年ほど前、昨今まで続くウイスキーブームが始まろうという気配が世の中に流れだしたころ、ワタクシが所属する酒屋の倉庫には今では希少となったジャパニーズウイスキーたちが不良債権のごとく眠っておりました。

 

 と、

 

 ドラマ、『マッサン』のブレイクもあり、本格的にウイスキーが動き始めると、どこから聞きつけたのか色々な人がウイスキーを買いに訪れてこられましてね、当時、全て捌くには10年はかかるだろうと思われていたウイスキー達が、3か月もしないうちに倉庫から姿を消すこととなりました。

 

 それは、

 

 酒屋業界では既に常識となった毎月の仕入れ量がメーカーからの『割り当て制』になった今でも続いております。

 そういうわけで、規模の大きな酒屋はジャパニーズウイスキーをメーカーから仕入れても、基本は売り上げの多いところから割り振ってゆくことになるため、一般の方はもちろん、個人店ですらに欲しいと思っても定価で手に入れるということはほぼ不可能となっているのが現状ですね。

 

 それをふまえて、

 

 時間を遡るとしましょう。

 ワタクシがアルバイトをしている酒屋に在庫がまだ残っていた時のお話です。

 当時、そこまでジャパニーズウイスキーの需要が高まっている中、一般の方や個人経営者の方問わず、当酒屋をメインで使っていないお客さんで買い求めに来た方のほぼ100%が

 

 無いものだけを抜いてゆく。

 

『さすがに申し訳ないから、ちょっと他の物も買ってゆこう』なんていう思考を持ち合わせている方は皆無でした。

 そうなるとどうでしょう、本格的に在庫数が足りない時にはメインで取り引きする飲食店を優先するため

 

 買えなくなる。

 

 で、『無いです』と伝えるとあからさまに不満の色を出すんですよ。

 それを見ていると、どうして『無い』と言われるのがわからないのか? と、不思議に思うわけですね。

 

 確かに、

 

 ワタクシが勤める酒屋は規模が小さいので大手ほど割引は出来ないため、メーカー小売り希望価格になってしまい大手からすると100円弱ほど割高かもしれません。

 こういった背景や昨今のススキノ事情もあり、一円でも安い方がいいよね? という気持ちもわかりますが、その一円をケチった結果

 

 大きなものを失っている。

 

 何故それに気づかない。

 いやまぁ、自身が酒屋に身を置いているからということもあります。

 ですが、ちょっと考えたらわかりそうなことなんですよね。

 それをふまえて世の中のほとんどは 

 

 ギブ&テイクのバランス

 

 で成り立っていると思うんです。

 今回は商売の話でしたが、人間関係とて例に漏れずだと思うのです。

 どうしても欲しい、長期的に今の関係を維持したいのであれば、一方的に搾取するだけではなく、相手のことも考えるということが重要となってくるのではないのかな? そんなことを思ってます。

 

 まぁ、

 

 なんだかんだで本日、オークションサイトで高値を付けている白州12年を仕入れることが出来ました。

f:id:hiijicafe:20210409061014j:plain

 酒屋パワー全開ですが、定価で買っておりますよ。

 

 まぁ、

 

 偉そうなことを長々と語ってきましたが、ワタクシも常日頃から気を付けないといけないということでもあるんですけどね。