人は轢いてはいけない。

 去年の8月、母がわき見運転のトラックに轢かれました。

 

 こんにちは……ススキノの父です。

 

 コロナ渦の今、見舞いに行けないので現状はわかりませんが、聞き及ぶ限り未だ母はほぼ、植物人間状態です。

 

 で、

 

 本日、初公判があり裁判所に行ってきました。

 加害者側と被害者側のやりとりが行われておりましたが、被害者側の代表者は兄のため、ワタクシは傍聴席でただ聞いているだけとなりました。

 

 と、

 

 自身、裁判所とは一生縁が無いと思っておりましたし、加害者側にしろ、被害者側にしろ関わりがあても良いことなんて一つもありませんしね。

 人生初の冒頭陳述、裁判員と検察側、被害者側の答弁が淡々と続きます。

 

 その後、

 

 一通りの流れが終わった後、被害者側の心情を読み上げる場面がやってきて、中央に据えられたテーブルの前に立ち、事前に用意していた原稿を広げてはいたものの、言葉に詰まりつつ読み上げる兄の姿を見て昔を思いました。

 

 思い返せば、

 

 学生時代に両親に対し、えげつない反抗をしていていたよな。

 早々に家を出たとはいえ顔を合わせば喧嘩ばっかして、まだ実家に居たワタクシは自室で震えていたよなぁ。

 

 あれから20数年、

 

 今では3児の父となり、ずいぶん立派になったよな。

 朝から夜中まで働いて家族を養いつつ本家として立派に役割をこなしているもんなぁ。

 両親にこれから親孝行って時にこれだもんな。

 

 やりきれないよなぁ。

 

 その後、

 最終的な判決は来月になるため、もう一度裁判所には出向かないといけないため、本日の尋問が終わってから担当弁護士と軽く打ち合わせがありました。

 

 で、

 

 被害者側が請求する賠償金について弁護士側から提案された額を聞いたところ、あえて詳しく明記しませんが、結構えげつない金額で、自身がこれだけ稼ぐためにはどれだけ働かないといけないかと眩暈(めまい)すら覚えましたが、正直

 

 ンなもん要らんわ! とっとと元気だった頃のカーチャン返せや

 

 と、思いました。

 どんだけ大金詰まれてもカーチャンって金で買えないんスよ。

 ホント、

 

 孝行したい時に親は無し。

 

 昔の人は的確な事を言ったものです。

 皆様、インターネット上で語られている相当な毒親じゃない限り

 

 両親は大切にしようぜ!

捗(はかど)る。

 やっぱりといえばやっぱり。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 今年2月から始まったコロナ騒動で死にかけている観光業界を救おうとGo To トラベルが始まりました。

 これが救いの神となり、ボロボロだった当業界に復活の兆となるのか!? と、思いきや

 

 逆効果だったでござるの巻。

 

 コロナ陽性患者が激増、ここ札幌でも一日最多感染数を絶賛更新しましたね。

 とはいえ、日常でウイルスなんぞ目視できるわけではないですし、状況証拠だけなので本当にGo Toが悪いのか? と言い切れないってのが難しいところですよね。

 

 と、

 

 まーぁ、こうなると煽りを受けるのはススキノでして、テレビ屋さんは連日、意気揚々と『ススキノ、ススキノ』と不安を煽りまくりです。

 マスコミは視聴率が稼げるコロナバブルに乗っかり、とことん骨の髄までしゃぶってやろうという露骨な考えを隠すつもりも無い報道の仕方に、『テレビ離れ』と言われてている昨今のことは真実なのでしょう。

 

 そうなると、

 

 札幌市も何か対策を打たねばとテレビ屋さんに煽られる形でススキノ地区を狙い撃ちですね。

 そう、最初の一手が

 

 時短要請。

 

 これにはススキノの住人も激おこぷんぷん丸ですよ。

 どうしてススキノの住人だけが悪者にされにゃあならんのだと。

 とはいえ経営者といえども一個人、お国には逆らえないわけですよ。

 

 しかも、

 

 時短要請が出された初日、ワタクシは早々に店を閉めていたため懇意にしているママさんからの情報なので役人か警察かは知りませんが、22時過ぎに未だ営業している『接待を伴う飲食店』を回り、店を閉める声かけをする手厚さよ。

 

 そうなると、

 

 なし崩し的に影響を受けるのがワタクシがアルバイトをしている酒屋です。

 要請が出てからの何日かは通常通り勤務しておりましたが、あまりの配達の電話の無さにワタクシが社長に進言して人件費を削ってもらおうとアルバイトを休むことにしました。

 

 で、

 

 ワタクシ、要請が出てから様子見で店を早めに開けるという対応を取っておったわけですが、客さんは来るわけないっすよ。

 当然と言えば当然で、あれだけテレビ屋に煽られたら出て来やしませんし、カネ稼ぐ養分にされた形になってしまいましたね。

 ススキノの住人として今の心情は

 

 いやほんと、テレビ屋はマジで許さねぇ。

 

 ……おっと、うっかり呪詛の言葉が出てしまった。

 落ち着こう、うん、落ち着こう。

 とはいえね、根拠が無く言っているわけじゃあないんスよ。

 

 ススキノがダメなら他のところがあるじゃん

 

 と、こんな状況でも飲みたい人が郊外の歓楽街に流れた結果、人が集まりそこでクラスター。

 テレビ屋が面白おかしくススキノばかり報道し、札幌市も何も考えずに乗っかった結果がコレですよ。

 

 そして、とうとう二度目の休業要請。

 

 文言は『札幌市全域のキャバレーやホストクラブなど、接待を伴う飲食店に対し休業を要請します』だそうな。

 いやまぁね、ワタクシはコロナ対策に関わっていたわけではありませんし、札幌市としても上層部は自身みたいなバカチン野郎とは真逆、頭の良い人の集まりなので

 

 あちらも立てたいし、こちらも立てたい。

 

 そんな考えの元、最善を尽くしたのだと信じたいです。

 一方、現状のワタクシは酒屋を休み、店は休業中なので社会的には絶賛

 

 無職。

 

 一日が長くてしょうがねぇ!

 まーぁ、走る時間が有り余っているので蜜を避けつつランニングは捗(はかど)ってしょうがないっスね。

f:id:hiijicafe:20201126183515p:plain

 嬉しいんだか、悲しいんだか。

交流。

 多くの市民ランナーは孤独なのです(多分)。

 

 どうも! ススキノの父です。 

 

 現在、ワタクシは札幌市からの営業時短要請に伴い、自身の店を休業しておるわけですよ。

 とはいっても、趣味のランニングを欠かしているわけではないんですよね。

 

 で、

 

 ワタクシだけかもしれませんが、趣味で走っている人って月日を重ねれば重ねる度、走るコースというものは固まってくるわけです。

 なぜなら、どうせ走るのであれば足に優しい道を選びたくなるのが人というものですよ。

 

 で、

 

 ワタクシは自宅スタートとなると近所なためもあり頻繁に走るコースは北海道マラソンのコースとなっている新川通りと北大構内です。

 自身が見た限りランナーというものは自宅スタートが多いのか、決まったコースを走っていると同じ顔ぶれが多く存在します。

  

 とはいえ、

 

 ワタクシの予想の範疇でしかありませんが、『あぁ、今日も走っているな』という認識ではありますが、あえて話しかけることはしません。

 なぜならランニングに対する取り組みの違いがわからないからです。

 

 自身、

 

 走り始めた頃というのは、足を止めることに凄く抵抗があったからです。

 街ランで言うと信号待ちはなるべくしたくないので一丁ずらしている間に信号が変わるのを待つか、どうしても待たないといけない状況に陥(おちい)った時は足踏みをしながら待つという、なるべく足を止めないようにしておりました。

 そんな気持ちを大袈裟に言うと

 

『足を止めたら死ぬぅ!』

 

 くらいの気持ちだったと思います。

 そんなワタクシも今では足を止めることに抵抗は無く、逆に長めの信号待ちは足を休めるための休息時間くらいに思っておりますよ。

 

 まぁ、

 

 そんなこんなで今日で

f:id:hiijicafe:20201124220304p:plain

 年間走行距離が2,100㎞になりました。

 今年中にどれだけ延ばせるか楽しみですね。

 

 と、

 

 いつもランニングをする時間は早朝なワタクシ、今年、夏場から見かけたら挨拶だけはする趣味ランナーの方がいらっしゃいます。

 見た目は二十歳そこそこの女の子。

 キッカケは向こうから挨拶されたことでして、それから走る時間が一緒なのか、ほぼ毎日のように見かけては声を掛け合う仲になりまして、孤独に走っているワタクシとしては密かな楽しみになっておりました。

 

 とはいえねぇ

 

 こちとら40歳も過ぎた見た目汚いオッサンです。

 うっかり若い子に話しかけてセクハラで訴えられてもかなわんということで挨拶するだけ程度にしておったわけですが、夏が終わるくらいから見かけなくなり少しばかり寂しさを覚えていたそんな時、

 

 つい先日のことです

 

 ススキノに対する札幌市からの営業自粛要請があったこともあり実質上無職になったため時間を変え、いつものコースを走っていたときのことです。

 件の女の子にばったり会いましてね、びっくりしたように目を見開きつつ

 

『ああぁぁぁぁぁ! お久しぶりですぅ!』

 

 なんて手を振りつつ近寄って来たので逆にワタクシ、驚いてしまいました。

 ワタクシみたい40も越えたオジサンとしては若い女の子に近づかれたとはいえ、ご時世的に犯罪と思われても仕方がないで身構えてしまいますよ。

  そんなワタクシの思いとは裏腹に女の子は続けます

 

『最近見なかったので、もう走ってないのかと思ってましたー』

 

 話を聞くと、冬になるにつれ日の出が遅くなったため走る時間帯が変わったとのこと。

「そりゃ会わないよねー」なんて会話をしつつも「こうやってランナー同士で話を出来る人って初めてだわー」なんて言ったら

 

『え? そうですか? 私、結構話す人多いですけど』

 

 ……マジカヨ。

 って話をしてきたよ、って嫁に言ったら

 

『あー……若い女子で、それだけ社交性あるなら不思議じゃないよね』

 

 ……たっ! 確かにっ!

 世間では女性を表す漢字を間違えると下手したら『女性の立場ガー!』って騒がれた上に炎上し謝罪する羽目になりますが、場面によっては女性の方が有利なことってあるんじゃないかなぁと思いますよ。

 特に

 

 ランニングは。

積もる。

 犬は喜んで庭を駆け回るそうです。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 本日、午前中の北大構内。

f:id:hiijicafe:20201123145645j:plain

 さすがにねぇ、この積雪だと雪道用のランニングシューズの出番です。

 ホント、驚くほど滑らない。

 それもそのはず、夏用と比べて靴底の溝が深いのですよ。

f:id:hiijicafe:20201123150331j:plain

 ご興味がありましたら皆様の持っている一般的なスニーカーの底を見比べていただけると一目瞭然だと思います。

 

 そして、コレ

 

 つま先が防水仕様となっております。

 走っているとつま先にどうしても雪が付いてしまいますよね?

 雪道を夏靴で走ったことがある方は経験済みかと思いますが、靴の上半分は全メッシュのため、足から伝わる熱気で走り終えたら靴の中がビシャビシャ。

 

 ですが、

 

 さすが冬用、つま先から水の侵入を防いでくれるので、自身、冬道ランは3シーズン目となりますが、多少、くるぶしまで積もった雪の中を走っていても濡れたことは無いんですよね。

 

 いやー、

 

 普段あまり物を買わないワタクシが心底買って良かったと思える逸品でございます。

 そして、冬靴にありがちなのが

 

 靴の中の蒸れ。

 

 長靴など履いて長いこと歩いていると帰ってきて脱いだら靴下がベシャベシャってこと、あるんじゃないかと思います。

 その点についても対策されているのが、この靴の凄いところですよ。

 走る時にあまり雪が付かないであろうところは

 

 メッシュになってます。

 

 なので、適度に足から出る湿気を外に逃がしてくれるんですよね。

 とはいえね、北海道内を走っているランナーの方からお話を聞くと、雪道でも夏用で走っている方、少なくありません。

 何故なら正しい走り方をしつつ、体幹がしっかり備わっていると滑らないそうなのですよ。

 

 びっくりですね。

 

 以前ワタクシ、雪道を夏用で走ったことがあります。

 それは、いつものように仕事終わり自身の店から走って帰ろうとしたところ、いつの間にか積もっていたことがありました。

 多少迷ったのですが、えぇいままよ! と、そのまま走ったところ雪で滑って盛大にコケましてね、腕痛いなー……と、思いながら帰宅し、シャワーを浴びようと服を脱いだところ

 

 両腕から結構な量の出血。

 

 ジャンバーは何ともなかったのですが、インナーがビリビリに敗れてました。

 いやー、不思議な事もあるもんです。 

 とまぁ、そんなこともありまして、雪道を走る時には雪道用。

 本来の意味とは多少違いますが、餅は餅屋といったところでしょうね。

秋休み。

 すっかり体が鈍ってしまったわい。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 先週の金曜日、札幌に本格的な営業自粛のムードが流れたのをキッカケに、冷静に人の流れを見ると店を開けていても経費だけがかかると判断しましてね、思い切って休むことにして

 

 今に至る。

 

 あれから一週間が経ちました。

 ホント、毎日朝起きて、ランニングに出かけて、ざっと家事を済ませ、酒飲みつつ嫁が仕事から帰るのを待って、また

 

 酒を飲む。

 

 いやホントに今のワタクシ、まるでダメなオトナですよ。

 本来なら長い休みを貰ったらヒャッホイ! と喜ぶところですが、こういった状況では心から楽しめるわきゃないっすよね。

 

 と、

 

 春にもこんなことがありましたね。

 とはいえ、まだ自粛が終われば一旦終息すると希望があったため、のんびりと過ごしておりましたが、連日、北海道で

 

 陽性者が200ウン人

 

 なんて報道されてしまうと自粛が解除されたところで……と、不安になってしまうのも事実ですよ。

 そんな中、世の中もGo toトラベルを巡って『経済を回せ派』と『コロナを拡大させるな派』がバチバチで大変なことになってますね。

 

 いやぁ、

 

 二月末に騒動が始まった頃、まさか世の中がここまで渾沌とするなんて思ってもみませんでしたよ。

 ホント、新型コロナウイルスは人の体だけでなく心まで蝕むとはね

 

 それを受けて

 

 ワタクシは現状を見守ることしかできませんし、なるべく限り冷静でいたいと思ってますよ。

マジカヨ。

 あの頃は若かった。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 ここ数年、すっかりダイエット民になってしまったためピザは滅多に口にしなくなりましたが20数年前、大学生だった頃は友達宅で集まってダベっている時に

 

『ピザ頼むか』

 

 って会話を何度となく交わしておりました。

 で、注文するのは決まって

 10.4(テンフォー)

f:id:hiijicafe:20201120214804j:plain

 競合他社も頼める地域ではあったのですが、10.4に落ち着いてしまうのは何せかんせ

 

 安さ。

 

 いやほんと、他社より半額で同じ大きさのピザがやってきます。

 当時、外食や出前をどこで頼むかという基準は若さ故もあって、安く、量が多ければ味は二の次三の次。

 とにかく

 

 安い! 量が多い!

 

 これに尽きました。

 とはいえねぇ、件の10.4は安かろう悪かろうというわけではなく

 

 味も良し!

 

 多い時には週3回は頼んでおりました。

 そして、配達してもらうため電話をかける10.4に大学の同期で同じサークルのK君がアルバイトをしておりまして、注文の際には最後に一言

 

『K君お願いします』

 

 って付け加えて電話を切っておりました。

 まぁ当然、彼が来るわけですが、最初は普通にドアベルを鳴らし『お待たせしました10.4です(だったかな)』と、丁寧な感じだったのですが、サークル仲間がそれを面白がって彼を指名して配達を頼んでおりました。

 とある冬の日、いつものように彼を指名し待つこと数十分後、ドアベルも鳴らさず彼が玄関の扉を開け

 

『おらぁ! てめぇらぁぁぁぁ!』

 

 半ばキレぎみで部屋に入って来ましてね、そりゃびっくりしたのなんの。

 とはいえ全く怒ってはおらず、そのまま居間に入ってくると正座で

 

『お待たせしました、ピザお持ちしました』

 

 深々と頭を下げたわけですよ。

 で、お代を払い彼を見送った後に、さぁ食べるかとネタで頼んだフルーツミックスピザの箱を見たところ太マジックで

 

 たべられません。

 

 って書いてあって2度びっくり。

 当時は温かい生クリームソースの上に、はたまた生温かいフルーツ、そしてチーズのコラボレーションに舌が付いてゆかず、男4人ががりで余してしまったよ、って話を嫁に振ったら

 

『うっそ、フルーツのピザ美味しいじゃん』

 

 って返事が来たので20年越しで3度目のびっくり。

 良く良く話を聞いたら小さい頃の思い出の味なんだとか。

 今現在はメニューに無いのですが、決してネタではなく普通に食べられているピザみたいですね。

 

 で、

 

 今回、話題とした10.4、ひょんなことから最近知ったのですが

 北海道に本社を構える企業なんスね。

 今まで全国区だと思っていたので4度目のびっくり。

 まーぁ、よーっく見たらロゴの中に

 

 北海道の形、入ってますもんね。

 

 あー何かピザ食べたくなってきたわぁ。

カレーが食べたい。

 食事制限継続中。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 日常の食事は炭水化物を全力で避けております。

 ダイエット目的で始めた当初、糖質制限の大原則が『米・小麦を口にしない』ことを目の当たりにした時、咄嗟に

 

 無理。  

 

 って思いました。

 それまで米5合に納豆かツナ缶、はたまたバターを溶かして醤油をぶっかける。

 まぁ太りますよね? っていう食生活のワタクシでしたが、やると決めて取り組み始めたら意外と

 

 出来ちゃいました。

 

 今では米・小麦を主食として口にする機会は月1~2回程度、慣れとは恐ろしいものです。

 とはいえ件の『糖質制限ダイエット』ですが、専門家(謎)から問題視されているというのもこれ事実。

 もしかしたら本当なのかもしれませんが、今のところリバウンドも無く、血液検査で特に問題は指摘されていないため、自身の体には合っていたのかもしれませんね。

 

 と、

 

 そんなワタクシとてカレーだけは困りました。

 まぁ、スープカレーだと素揚げした食材がゴロゴロ入っているため、具沢山カレー汁として完結するので米は要りませんが、定番のカレーライスだとやはり米が欲しくなる。

 

 ある日、

 

 朝食にカット野菜(単品)を食べようとしたところ、ドレッシング代わりにかけているポン酢が無い。

 ストックしている場所を探しても無くてですね、どうしたものか……と思っていたところ目に入ったのが

 

 レトルトカレー

 

 まーぁ、糖質制限しているのにカレーなんて食っていいの? という話は置いておくとして、レンジで温めるのも面倒だったため、そのままかけてですね、見た目は緑色と茶色が織りなす絶妙な彩の悪さだったのですが、食べてみたら結構

 

 イケる。

 

 いやいやホント、マジですって。

 それからというもの、カレーの日には必ず冷蔵庫の中にはカット野菜が入っておりますよ。

 

 まぁ、

 

 味の好みは人それぞれなので実際食べてみたら『マズっ!』ってなるかもしれませんが、糖質制限真っただ中という方は一度、試してみる価値はあるかもしれませんよ。