積もる。

 犬は喜んで庭を駆け回るそうです。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 本日、午前中の北大構内。

f:id:hiijicafe:20201123145645j:plain

 さすがにねぇ、この積雪だと雪道用のランニングシューズの出番です。

 ホント、驚くほど滑らない。

 それもそのはず、夏用と比べて靴底の溝が深いのですよ。

f:id:hiijicafe:20201123150331j:plain

 ご興味がありましたら皆様の持っている一般的なスニーカーの底を見比べていただけると一目瞭然だと思います。

 

 そして、コレ

 

 つま先が防水仕様となっております。

 走っているとつま先にどうしても雪が付いてしまいますよね?

 雪道を夏靴で走ったことがある方は経験済みかと思いますが、靴の上半分は全メッシュのため、足から伝わる熱気で走り終えたら靴の中がビシャビシャ。

 

 ですが、

 

 さすが冬用、つま先から水の侵入を防いでくれるので、自身、冬道ランは3シーズン目となりますが、多少、くるぶしまで積もった雪の中を走っていても濡れたことは無いんですよね。

 

 いやー、

 

 普段あまり物を買わないワタクシが心底買って良かったと思える逸品でございます。

 そして、冬靴にありがちなのが

 

 靴の中の蒸れ。

 

 長靴など履いて長いこと歩いていると帰ってきて脱いだら靴下がベシャベシャってこと、あるんじゃないかと思います。

 その点についても対策されているのが、この靴の凄いところですよ。

 走る時にあまり雪が付かないであろうところは

 

 メッシュになってます。

 

 なので、適度に足から出る湿気を外に逃がしてくれるんですよね。

 とはいえね、北海道内を走っているランナーの方からお話を聞くと、雪道でも夏用で走っている方、少なくありません。

 何故なら正しい走り方をしつつ、体幹がしっかり備わっていると滑らないそうなのですよ。

 

 びっくりですね。

 

 以前ワタクシ、雪道を夏用で走ったことがあります。

 それは、いつものように仕事終わり自身の店から走って帰ろうとしたところ、いつの間にか積もっていたことがありました。

 多少迷ったのですが、えぇいままよ! と、そのまま走ったところ雪で滑って盛大にコケましてね、腕痛いなー……と、思いながら帰宅し、シャワーを浴びようと服を脱いだところ

 

 両腕から結構な量の出血。

 

 ジャンバーは何ともなかったのですが、インナーがビリビリに敗れてました。

 いやー、不思議な事もあるもんです。 

 とまぁ、そんなこともありまして、雪道を走る時には雪道用。

 本来の意味とは多少違いますが、餅は餅屋といったところでしょうね。