をにくがたべたい。

 美味しそうな匂いってのは、時に兵器となります。

 

 どうも! ススキノの父です。

 

 仕事柄、ワタクシが一日の半分以上を過ごすススキノ、結構な数の飲食店があります。

 スナックやバーという夜の店に混ざり、普通にご飯を食べる店ってのも数多くあるんですよ。

 まぁ、当然ちゃあ当然ですか。

 

 と、

 

 自信、酒屋として南北4丁角を毎日くまなく歩きます。

 すると、漂ってくるんですよね。

 

 美味しそうな匂いが。

 

 一番ボディに効くのが焼き肉の匂い。

 腹が減っている時なんて最悪です、その匂いに軽い殺意すら覚えますよ。

 じゃあ食べろよ、って話ですが、これでも一応ランニングを趣味としているので太らないように日々、食事制限をしております。

 

 まぁ、

 

『制限している』と言ってもガチで引き締めたりダイエットをするわけではないので、結構緩めにやっております。

 ワタクシがやっているのは、晩酌で結構なカロリーを摂取してしまうので、不足しがちな栄養素をちゃんと摂取しつつカロリーオーバーを避けるとというもので、平たく言うと

 

 余計な物は食わない。

 

 ただそれだけです。

 まぁ、ね、酒止めりゃあいいじゃんって話ですが、酒屋でありバーを経営するワタクシが酒を断ってまで体型の維持に勤しんだらそれこそ

 

 アイデンティティの瓦解ですよ。

 

 酒を飲みつつランナーとしての体型を維持する。

 それくらいやらんとなんて勝手に思っております。

 とまぁ、話が逸れましたが、敵はそれだけじゃあないんですよ。

 ススキノには思わぬ匂いの伏兵がおります。

 それは、

 

 手作りチャーム。

 

 居酒屋でいうところのお通しです。

 人によっては早い時間に仕込んでいるママさんも結構おります。

 それがまた

 

 良い匂いを漂わせているんですわ。

 

 いやまぁ、こちらが勝手にボディブローを受けているだけなので、文句は言えません。

 ですが、ホントやめていただきたいのは

 

 ゴマ油を炒める。

 

 もはや地獄。

 そんな困難に立ち向かいつつ、今日も元気に配達しつつランニングしておるわけです。